グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  診療のご案内 >  インプラント治療

インプラント治療


インプラントとは歯がなくなってしまった人のために人工の歯(インプラント)を骨の中に植えて、歯を作る治療法です。

一般的なインプラント治療の流れ

(1)お口の中全体の検査を行い、本当にインプラントが最善の方法であるか治療方法を検討します。
インプラント以外に歯の欠損を治療する方法は、代表的なものに①入れ歯②ブリッジがあります。

保険の入れ歯の一例

保険のブリッジの一例(銀歯)

インプラント

自費の入れ歯の一例(ノンクラスプ義歯)

自費のブリッジの一例(セラミック)


歯が欠損した場合の選択肢の比較
入れ歯 ブリッジ インプラント
利点
  • 歯を削る量が少なくて済む
  • 取り外しができるため清掃しやすい
  • 保険適用のものは費用が抑えられる
  • ほとんどの症例で適用できる
  • 噛み心地が良い
  • 取り外す手間がない
  • セラミックを使えば見た目が自然
  • 異物感が少ない
  • 他の歯に負担をかけない
  • 咬み心地が良い
  • 異物感が少ない
  • 見た目が自然
  • 複数本の欠損でも適用可能
欠点
  • 噛み心地が劣る
  • 異物感がある
  • 食事のたび取り外して掃除する手間がある
  • 両隣の歯に負担がかかる
  • 両隣の歯を大きく削る必要がある
  • ダミーの歯の下に汚れがたまりやすい
  • 支える歯に負担がかかる
  • 欠損の歯が多いと適用できない
  • 手術が必要
  • 費用がかかる
  • 治療期間が長い
  • 骨が少ない場合、骨造成治療が必要になる
  • 全身疾患により、手術が難しい場合がある
※インプラント治療は医療費控除の対象となります
※インプラントは保険適応外診療です。そのため、費用がかかりますが、医療費控除の対象であるため、支払った料金の一部が還付金として戻ってきます。(還付額は所得によって異なります)
  • インプラント治療と他の治療法との最も大きな違いは、隣の歯に負担をかけずに歯を作ることができる点です。
  • ブリッジや部分入れ歯は残っている歯に負担をかける治療法です。残っている歯の寿命が短くなる可能性があります。
  • インプラントはとてもよい治療法ですが、人工物です。チタンはとても生態となじみの良い素材ですが、ごく稀にアレルギーなどで生着しない可能性があります。また、インプラントも歯周病に感染すると脱落する可能があります。治療後は定期的なメンテナンスが必要です。

(2)CT検査を行い、専用のパソコンを使ってインプラント治療のシミュレーションします。
  • 手術で隣の歯や神経を傷つけないようにインプラントの太さや長さ、方向を確認します。


(3)必要に応じて手術用ドリルのガイドを作製します。
このガイドを作製することで、シミュレーションした位置に正確にインプラントを入れることができます。(複数のインプラントや骨の厚みが少なく、繊細な手術が必要な場合に作製します)

当院では、インプラントの診査・診断にはデンツプライシロナ社のSIMPLANT(画像解析ソフト)を採用しています。SIMPLANTガイドを使用することで、計画したプランを患者様の手術に反映させることができ、安心・安全・正確・低侵襲の手術が可能となります。

(4)インプラント植え込み手術を行います。一般的な方法(2回法※1)は以下の通りです。
  1. 局所麻酔※2をし、痛くない状態で歯茎を切開し、骨を露出させます。
  2. 骨にドリルで穴を掘ります。
  3. そこにインプラント体を埋め込みます。
  4. 歯茎を元に戻し、縫合して終了です。
翌日は消毒に来てもらい、1〜2週間を目安に抜糸を行います。

※1 条件が整っている場合は一回法で行います。
※2 当院では手術時の不安や侵襲を考慮し、局所麻酔に加えて静脈内鎮静法の併用をおすすめしています。これにより、リラックスした状態での手術が可能になります。

(5) インプラントが骨と接着したら、二次手術を行い土台(アバットメント)を装着できるようにします。


(6)型取りを行い、上部構造を作製・装着して完成です。


当院で使用しているインプラントについて

  • インプラントは何年も身体の中に残るものです。ですのでどこのメーカーのインプラントを使用するかはとても重要です。インプラントはメーカーごとに使用している部品(ネジやドライバー)が異なるため、何年後であってもその部品が手に入るような信頼できるメーカーでなければいけません。

  • 本医院は世界有数の歯科メーカーであるデンツプライシロナ社のアストラインプラントを使用しております。

  • アストラインプラントは国内の多くの大学病院だけではなく、スウェーデンのイエテボリ大学、アメリカのイリノイ大学、ベルギーのゲント大学など世界中で使用や臨床試験をしており、多くの文献やエビデンス(科学的根拠)を有しています。

  • アストラインプラントは様々な形のラインナップがあり、幅広いケースの患者様への対応が可能となっています。

多数歯欠損の方へ
インプラントを使用した入れ歯もあります

従来の入れ歯で悩んでいる人も、精密入れ歯とインプラントを併用することで、使用感や機能性を改善することができます。
  • 特に下顎の総入れ歯に使用すると、使用感が向上します。
  • 部分入れ歯にインプラントを併用すると、残っている歯の負担を大きく軽減することができます。