グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  診療のご案内 >  ホワイトニング

ホワイトニング


素敵な笑顔は白い歯から
ホワイトニング・セラミック治療

  • 白い歯は清潔感があり、初対面の方にも好印象を与えることができます。歯を白くするにはホワイトニングセラミック治療などがあります。お話しすることの多い職業の方や就職活動での面接、結婚式など大事なイベントを控えている方にもおすすめです。
  • ホワイトニングは自宅でできるホームホワイトニングと、歯科医院で行うオフィスホワイトニングがあります。詳細はご相談ください。
  • ホワイトニングに使う薬剤は、海外製のもので安価なものも出回っていますが、当院では日本製であるGC社のティオンシリーズを採用しています。このシリーズの特徴は、ホワイトニングの副作用である「しみる」を最小限に抑えるために、漂白成分を低濃度に抑える一方、基材を工夫してより高い漂白効果と低刺激性を両立したものです。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違い
オフィスホワイトニング
ホームホワイトニング
方法
歯科医院で、専門家が行う
家でマウスピースを用いて自分で行う
時間
1.5時間程度を1回行う
1日2時間程度を1〜2週間行う
メリット
  • 高濃度のジェルと特殊な光を当てて行うため、一回行うだけでも効果がある。
  • 歯科医院で全て行うため、手間が省ける。
  • 有資格者が行うため、副作用が出現しても早めに対応することができる。
  • 低濃度のジェルを長期間使用し、じっくり行うため、知覚過敏などの副作用が出にくく、比較的自然な仕上がりになる。
  • 後戻りした場合でも、ジェルを追加購入するだけでもう一度ホワイトニングを行うことができる。
  • 全ての歯を行うことができる。
デメリット
  • ホームホワイトニングに比べると知覚過敏などの副作用が出やすい。
  • 後戻りした場合は、再度施術が必要となる。
  • 大臼歯は適応外。
  • 効果が出るまでに時間がかかる。
費用 基本料金10,000円+1歯につき1,000円(税別)
ホームホワイトニング(片顎)14,000円(税別)


ホワイトニングの一般的な注意点

  • ホワイトニングは、詰め物やかぶせ物などには効果がありません。
  • 喫煙者や高齢の方では、ホワイトニングによる色の改善は遅くなります。
  • 白くなる度合いには個人差があります。希望の白さについて、事前によく検討してください。
  • ホワイトニングの効果があまり期待できない歯があります。
    ・根の治療をした歯 (ウォーキングブリーチの適応になります)
    ・重度に変色した歯(先天性の着色を含みます)
  • ホワイトニングで色の改善が難しい症例の場合は、クラウンやラミネートベニアを用いた審美治療が必要となる場合があります。
進行したむし歯や歯周病がある場合はホワイトニングを行うことができません。ですので、ホワイトニングをする前には、むし歯のチェックと歯周病のチェックを行います。また、以下に該当する方はホワイトニングの適応外となりますのでご注意ください。
ホームホワイトニングが受けれない方
  • 無カタラーゼ症の方
  • 妊娠中、授乳期の女性
  • 小児
  • ポリオレフィンに対し、アレルギー反応がみられる方
オフィスホワイトニングが受けれない方
  • 妊娠中、授乳期の女性
  • 無カタラーゼ症の方
  • メタクリレート系ポリマー、メタクリレート系モノマー、エタノー ルに対する発疹、皮膚炎などの過敏症の既往歴のある方
  • 気管支炎及び喘息の方
  • 光線過敏症の方

神経のない歯にはウォーキングブリーチを行います

  • 神経のない歯は、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは効果が出にくいため、歯の中に直接薬剤を入れて行うウォーキングブリーチを行います。
  • 白くなる程度をみながら、回数を決めていきますが、通常は3回程度で周囲の歯と同程度の白さになります
  • 費用は、初回1歯7,000円(税別)で、2回目以降は1歯3,000円(税別)となります。