グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  お知らせ >  当院での新型コロナ感染症対策について

当院での新型コロナ感染症対策について


当院では感染症予防対策に力を入れております。
使い捨てが可能なものは極力取り入れ、滅菌ができるものは患者毎で滅菌処理をして使用しております。

 

院内感染予防のため

  • マスクと手袋、フェイスガードの着用
  • 治療用ドリルなどの治療器具を含め、患者毎の交換、滅菌・消毒
  • 診療台や操作パネル等は使用毎に消毒液による清拭
  • スタッフの処置毎の手洗いの徹底
  • 空気清浄機の設置
  • 飛沫が発生する処置では口腔外バキュームの併用

特に、新型コロナ感染症対策として追加で

  • 待合室への手指消毒液の設置
  • ドアノブや取手、手すりの消毒液による清拭
  • 待合室ソファーの消毒液による清拭
  • 待合室及び診療室の常時換気
を行なっております。

当院の滅菌・消毒体制

当院はクラスSとクラスBの両方の滅菌器を備えているため、いつでも様々な備品や材料を滅菌できる体制を整えております。

ヨーロッパ規格 ENI3060に基づく滅菌器のクラス分け

 

消毒器具

クラスBの滅菌器

歯科用ドリルも使用毎に洗浄し滅菌しています

様々な機械を用意して器具を洗浄・滅菌し、感染症の予防を行なっています

感染防止に努めた治療方法

エアロゾル(飛沫)が発生する可能性の高い処置は、口腔外バキュームを使用し、院内感染に努めます。

通常では消毒していることが多いスリーウェイシリンジ(水や空気が出るノズル)ですが、当院では患者毎の使い捨てを採用しています。